おしゃれなのは当たり前、プラス、どんな価値があるのか
CANALIZE meets Akiko Murata | MA déshabillé

JOURNAL, , ,  2017.05.15

murata-san_20170513_10

“72時間着続けられる服”をコンセプトとする「MA déshabillé」。最高の着心地を叶える生地の選択や縫製にこだわって仕上げられたdéshabillé(デザビエ=フランス語で部屋着、寝間着の意)。着て癒される、という個人的体験をもたらす服作り、ビスポーク クリエーション(カスタマイズ注文)の導入など、現代の大量消費・大量生産にひとつの問いを投げるデザイナー、村田明子氏の独創性に迫った。

おしゃれなのは当たり前、プラス、どんな価値があるのか

1

 

 

Photo_MURAKEN
Text_Kumiko Ishizuka

Latest Posts

  • murata-san_20170513_1

    CANALIZE meets Akiko Murata | MA déshabillé
    おしゃれなのは当たり前、プラス、どんな価値があ...

    JOURNAL, , , |2017.05.15

  • _DSC7835

    CANALIZE meets Osamu Yokonami
    作品をつくり続けることが生きるバランスをつくる

    JOURNAL, , , |2017.04.23

  • Capture_0006 (2400x1602)

    special talk | Tatsuo Sunaga × WONK
    『“音楽が好きだ”という純粋な気持ちが世代を繋...

    JOURNAL, , , , |2017.04.15

  • onthecorner_20170307_8

    CANALIZE meets Katsuyuki Tanaka
    “be in”の考えから生まれる新たなコーヒー...

    JOURNAL, NEWS, , , |2017.04.08

  • _MG_0435

    CANALIZE meets Miho Mizoguchi | 菓子屋ここのつ
    五感すべてで愉しむことで、英気を養う時間に 

    JOURNAL, NEWS, , , , |2017.04.01

  • path_20170201_3

    CANALIZEWISE|BISTRO PATH
    フレンチをカジュアルに楽しむビストロの新しい形

    JOURNAL, NEWS, , , |2017.03.24

MORE

Contents

ページトップへ