おしゃれなのは当たり前、プラス、どんな価値があるのか
CANALIZE meets Akiko Murata | MA déshabillé

JOURNAL, , ,  2017.05.15

murata-san_20170513_10

“72時間着続けられる服”をコンセプトとする「MA déshabillé」。最高の着心地を叶える生地の選択や縫製にこだわって仕上げられたdéshabillé(デザビエ=フランス語で部屋着、寝間着の意)。着て癒される、という個人的体験をもたらす服作り、ビスポーク クリエーション(カスタマイズ注文)の導入など、現代の大量消費・大量生産にひとつの問いを投げるデザイナー、村田明子氏の独創性に迫った。

おしゃれなのは当たり前、プラス、どんな価値があるのか

1

 

 

Photo_MURAKEN
Text_Kumiko Ishizuka

Latest Posts

  • David August - Canalize © Camille Blake-13

    CANALIZE meets David August
    トライ&エラーで探し求める“自分らしい音楽とは...

    JOURNAL, , , |2017.07.19

  • A Kind of Guise - CANALIZE © Camille Blake-37

    CANALIZE meets A KIND OF GUISE
    ドイツ国内の職人と共に守る伝統とクオリティ

    JOURNAL, , , |2017.07.10

  • kakimoto-san_20170512_3

    CANALIZE meets Yohei Kakimoto | BLOOM&BRANCH
     “モノ”だけでなく“コト”にも、五感で触れて...

    JOURNAL, , , |2017.07.01

  • _5D_5139

    CANALIZE meets Kosuke Ando & Koyou Ando | Hooked vintage
    自分たちとともに成長していく、パーソナルなショ...

    JOURNAL, , , |2017.06.27

  • tomita-san_20170519_7

    CANALIZE meets TOMITA LAB
    好きなものを追求することで自分をアップデートす...

    NEWS, , , |2017.06.15

  • uichiyamamoto_20170419_3

    CANALIZE meets Uichi Yamamoto|BOWERY KITCHEN
    東京人の生活に寄り添う、今も昔も変わらない場所

    CAFE & BAR, JOURNAL, , |2017.06.11

MORE

Contents

ページトップへ