ファッションでハッピーになれる、ということをカタチにしていく
CANALIZE meets HIROFUMI KURINO

2017.10.04

kurino-san_20171004_3

あくまでも着る人が主体。
服自体がよくなければ意味がない

――ファッション界にとって、この1年はどのようなものだったでしょうか。

「個人としては、ファッション業界や商品について報道するメジャーなメディアの体温と、デザイナーや生地メーカーといったモノをプロデュースする側の人たち、現場にいる我々、モノを買っていただくお客様、それらの間にかなり温度差があると感じています。例えば、ファッション業界について語る媒体、業界のジャーナリズムは“シーナウ・バイナウ”をよく話題にしていました」

――ファッションショーで発表されたアイテムをすぐに購入できる、というものですね。

「ニューヨークコレクションはその動きにいち早く反応し、一昨年くらいからそういった手法を導入しようとしてきましたが、日本のファッション業界やジャーナリズムは、“そうならないといけない”と思っている節があるようで、『日本は遅れている』といった旨の報道を散見しました。でも、どちらかというと僕はそれに対して懐疑的です」

――その理由とは?

「シャネルなどのメゾンも早々に『いいクリエイションを作ろうと思ったらできるわけがない』と宣言していましたし、トム フォードは間違いに気づいて元に戻そうとしています。確かに時代に合ったリクエストかもしれませんが、ショーは一種のパフォーマンスですから、時間、場所、キャスティング、音楽、空気、あるいは、そこで何分待たされたとか、そういうことも含めて感動が生まれるわけです。“シーナウ・バイナウ”が必要か必要でないかは、その観点が欠落している議論だと思います。見たモノがすぐに買えるような仕掛けがあってもいいけど、それを全員が目指す必要はないですよね」

――ファッションが多様化し、求められるものがさまざまになっている中で、業界ジャーナリズムには「一点に固執して、こうあるべきだ」という考え方も色濃く残っているように思います。

「システムやしつらえのことを気にし過ぎて、作り手やお客さんのことを忘れているのかもしれません。僕はここ2年くらいよく“ニューリアル”という言葉を使っていますが、今は新しいリアリズムの時代だと思っています。例えば、まさかと思ったドナルド・トランプが当選したことは、まさにアメリカ的な物質主義とにぎやかしの象徴です。パワーを持つ人に節操がないというのもまた、今の時代の表れ。それはファッションブランドも同じです。メジャーなブランドは国家予算並みにお金を持っているから、そうなるとやることがより壮大になっていき、そのスケールを巡る競争になっていきます」

1 2 3 4 5
photo_MURAKEN
text_YUSUKE MATSUYAMA

Latest Posts

  • 図2

    CANALIZE web gallery|Inigo Works Theme1「夏かしい」を公開
    August Pick up Artist

    2019.08.09

  • IMG_6879

    CANALIZE meets Chika Ueno|ヘアスタイリスト 上野知香
    パワフルに繊細に 飽くことのない向上心と刺激へ...

    2019.08.01

  • 上野さんTOP

    CANALIZE web gallery|Chika Ueno Works「FOCUS/LABO」を公開
    JULY Pickup Artist

    2019.07.12

  • _V7A0034

    CANALIZE meets Masako Nakagawa|写真家 中川正子
    出会いへの感謝と喜び、なりたい自分を追求するな...

    2019.07.01

  • 図1

    【Mai Kurosaka×CNLZ】初コラボレーションアイテムを発売
    NEWS

    2019.06.23

  • CRC_2395

    CANALIZE meets CHAN LUU|「CHAN LUU」ブランド創設者 チャンルー
    情熱こそが成功への糧

    2019.05.29

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ