ファッションでハッピーになれる、ということをカタチにしていく
CANALIZE meets HIROFUMI KURINO

2017.10.04

kurino-san_20171004_4

――いくつか思い当たる例がありますね。

「人の行かないところでショーを開催したり、飛行機代を払ってまで人を呼んで大がかりなことをしたり。何をしてもいいのですが、結局は服がよくなければ意味がない。そういうことをやればやるほど、本当に見に行くに値するほどの服なのかと思われてしまうわけです(苦笑)。昨年10月の東京ファッションウィークに、パリからコシェというブランドを呼びましたが、そこではお金をかけていません。原宿のストリートをランウェイにしたから場所の使用料がかかりませんし、35名のモデルは全員がボランティア。資生堂さんに入っていただいたのでメイクにもお金がかからず、光源となる提灯はモデルに持ってもらいました。かかったのは彼らの旅費と照明代くらいです」

――コシェはこれまでもずっと、ストリートでショーを行ってきましたよね。

「ストリートでのショーはかつて下北沢で行われた例がありますが、東京コレクション期間中、正式に開催されたのは初めてです。見え方はゲリラ的ですけど、もちろんきちんと許可を取って行いました。結果的に1,000人近くの人が集まり、予想を超える大きな反響をいただけました」

――ソーシャルメディアでの反応も相当なものでしたね。

「男女のミックスに加えて実はシーズンミックス。そして、何と言ってもストリートキャスティング。年齢もスタイルもさまざまながら、全員よく服が似合っていました。洋服って本来そういうものですよね。それなのに、ここ数年のファッションをめぐる状況はいわゆる“セレブリティ・ハイプ”なので、セレブが着て似合うような服しかない。そのフォロワーたちにとってもインスタ映えすることが何よりも重要ですから、服のクリエイションや、自分に似合うかどうかは関係がない。瞬間芸、つかみ芸的な」

――買ってインスタに上げ、着ないまま売ってしまうこともあると聞きます。

「それどころか、フィッティングで写真を撮影して、買うことなく試着だけで済ませてしまいますから。服屋はそうやって利用されるだけで、本当に洋服が好きな人にハピネスはあるのかと……。でも、コシェのショーをやってみて、これがファッションだろうと改めて思えたんです。いい意味で驚いてもらえるようなシチュエーションを作り、きちんと見せること。ファッションはライヴな存在じゃなきゃいけないし、ヴィヴィッドじゃなきゃいけない。着る人が主体であるべきですよね」

1 2 3 4 5
photo_MURAKEN
text_YUSUKE MATSUYAMA

Latest Posts

  • 図2

    CANALIZE web gallery|Inigo Works Theme1「夏かしい」を公開
    August Pick up Artist

    2019.08.09

  • IMG_6879

    CANALIZE meets Chika Ueno|ヘアスタイリスト 上野知香
    パワフルに繊細に 飽くことのない向上心と刺激へ...

    2019.08.01

  • 上野さんTOP

    CANALIZE web gallery|Chika Ueno Works「FOCUS/LABO」を公開
    JULY Pickup Artist

    2019.07.12

  • _V7A0034

    CANALIZE meets Masako Nakagawa|写真家 中川正子
    出会いへの感謝と喜び、なりたい自分を追求するな...

    2019.07.01

  • 図1

    【Mai Kurosaka×CNLZ】初コラボレーションアイテムを発売
    NEWS

    2019.06.23

  • CRC_2395

    CANALIZE meets CHAN LUU|「CHAN LUU」ブランド創設者 チャンルー
    情熱こそが成功への糧

    2019.05.29

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ