ファッションでハッピーになれる、ということをカタチにしていく
CANALIZE meets HIROFUMI KURINO

2017.10.04

ファッションで幸せを呼ぶ新店
ユナイテッドアローズワン

――そうした思いが、ユナイテッドアローズの新たな動きへとつながっていくわけですね。

「はい。9月にリニューアルした原宿店、ユナイテッドアローズワンがそのひとつです。そもそもはメンズ館とウイメンズ館を統合するという話があり、僕と鴨志田康人、小木基史がそれぞれディレクション案を書いたのですが、驚くべきことに、その内容はほとんど一緒でした。全員が共通して書いたのは、まずジェンダーフリー。これからの時代はジェンダーフリーであるべきだと。また、シーズンレス、エイジレス、セールをなくしたいという話もありました。それと、ファッションの楽しさを取り戻すものにしたいということ。いい意味でおしゃれバカに特化したお店を目指したい、と」

kurino-san_20171004_5

――今そういったお店はほとんどないように思います。

「王道な六本木の旗艦店に対して、ここではオルタナティブな王道をやりたい。若い人たちのファッション離れもありますし、ソーシャルメディアでファッションがにぎやかに語られてはいても、それはファッションそのものではない。僕らがいちばんに考えているのは、布を服にして付加価値創造して売り、楽しく販売する人間がいて、どこからでも駆けつけて買ってくれるお客様がいるということです」

――お店本来の形ですよね。

「僕らは1989年からそれを続けてきました。インターネットビジネスもやっていますが、自分たちにとって大事なのは、やはり人対人の対面販売です。今回ユナイテッドアローズワンを立ち上げるにあたって、ボブ・マーリーの『One Love』という曲が僕の頭の端にありました。世界はひとつの愛で結ばれているのだと。フィロソフィカルに過ぎたり、宗教っぽく感じられるのは違うけれど、ファッションに対する愛、人に対する愛というのは一緒。そういったことを感じられるお店にしたいと思っています。ついつい内外装がどうとか紙袋がどうとか考えがちですが、今回は新しい紙袋もない。もちろん、仕掛けやオリジナルの商品を考えてはいるものの、それはそんなに大げさな話ではありません。どこかとタイアップしてびっくりするようなモノを作るといったことも、いずれやりたい気持ちがないわけではないですが、それありきではないですね」

――仕掛けより、ファッションやファッションを通したライフスタイルとして、自分たちがどういう提案をすべきかということが先にある。それを掘り下げていらっしゃると。

「その通りです。今、多くの人にとって、衣食住の中で“衣”がいちばん上に来ることはありませんし、シェアだったり、ネットオークションで買ってすぐに売ったりするような人も多い。でも、一方で、僕らにとって“衣”はライフスタイルそのものだと思うわけです。少々具合が悪くてもおしゃれしたら治るし、逆におしゃれができないと気が塞いでしまう。そういった“おしゃれがライフスタイルだ”という人にとってのお店を、もう一度やるべきじゃないかと。ファッションでハッピーになれることを、次から次へ形にしていきたいですね。大げさに言えば、いまのファッション業界が抱えている問題に、答えを出せたらと思っています」

kurino-san_20171004_1

――それはすごく楽しみです。

「販売スタッフのセレクションにも注力していて、良い意味で変な人が多いんですよ(笑)。元ボクサーや元トラック・ドライバー、ドレッドヘアのゴスペルシンガーとか……。お店が回りだしたらもっと変な人が集まるんじゃないかと思いますし、僕らとしてもすごく楽しみです」

――洋服と人で勝負するお店ということですね。

「そう。まずは人ありきで、そこに服が付いてくるというか。だから、販売スタッフに会いにきてもらうようなお店にしたいですね。僕らが店頭にいた時代はそういうことが多かったように思うけど、最近はそういう話をあまり聞かないから」

1 2 3 4 5
photo_MURAKEN
text_YUSUKE MATSUYAMA

Latest Posts

  • 図2

    CANALIZE web gallery|Inigo Works Theme1「夏かしい」を公開
    August Pick up Artist

    2019.08.09

  • IMG_6879

    CANALIZE meets Chika Ueno|ヘアスタイリスト 上野知香
    パワフルに繊細に 飽くことのない向上心と刺激へ...

    2019.08.01

  • 上野さんTOP

    CANALIZE web gallery|Chika Ueno Works「FOCUS/LABO」を公開
    JULY Pickup Artist

    2019.07.12

  • _V7A0034

    CANALIZE meets Masako Nakagawa|写真家 中川正子
    出会いへの感謝と喜び、なりたい自分を追求するな...

    2019.07.01

  • 図1

    【Mai Kurosaka×CNLZ】初コラボレーションアイテムを発売
    NEWS

    2019.06.23

  • CRC_2395

    CANALIZE meets CHAN LUU|「CHAN LUU」ブランド創設者 チャンルー
    情熱こそが成功への糧

    2019.05.29

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ