システムによって破壊された ファッションのこれから
CANALIZE meets Hirofumi Kurino

COLUMNS, ,  2016.07.20

 

 

――栗野さんはモノを買った先の何かをつくり出そうとしているように思えます。

 

「そうですね、ツイードランはその一例です。服を着ることの楽しさを提供しようと思って始めたことです」

 

――着ることの楽しさを提供するというお話ですが、栗野さん自身が日常のなかでファッションにおいて楽しさを感じたり、こだわったりするのはどんなことですか?

 

「こだわっているようで実はあまりないんですよね(笑)。強いて言うなら“惰性でおしゃれをしない”ということでしょうか。毎日毎日『何を着るか』を考え洋服を選んで家を出ています」

 

――具体的にはどのようなことを考えるのですか?

 

「一つ簡単に言うと、色については考えますね。今日は同じ色で統一してみようとか、今日は綺麗な色を着ようとか。そして、“きちんとした格好”“男っぽくいこう”など、テーマを決めたらそれに従った上で服を着る、そこは貫いています。家を出てから『何かが違うな』と思ったら、遅れそうでも家に戻ることもありますよ。“着る”という行為は、自分にとってある種パフォーマンスでもあるから手抜きしちゃいけないというか」

 

kurino-san_web_20160128_2

 

――考えて服を着るということは、そのときの気持ちともリンクしそうですね。

 

「気持ちが上がっている時は着こなしもうまくいくし、気持ちが下がっている時は着こなしで気分をあげようとします。服には大きなパワーがあるから、服を媒介としての自己発見や再認識は重要なことだと思うんです。それがただの消費の対象だったり目立つための対象だったりすると、服との関係性が清くなくなるし、パワーも落ちていきます」

 

――ライフスタイルの中でお洋服が軸ですか?

 

「いやあ、好きという意味での軸は音楽なのですが、音楽で自己表現しているわけではないので。ただ、僕というものや僕の気持ちを人に伝えるのは、自分の場合はやっぱり服なんだろうなと思います」

1 2 3 4
Photography_MURAKEN
Text_Yuri Nishikubo

Latest Posts

  • 2020創業祭

    <CANALIZE>2020.12.8 創業4周年にあたり
    御礼&創業記念祭のお知らせ

    2020.12.08

  • ①DSC08995

    CANALIZE meets Eri Ristori|ADER.bijouxデザイナー・株式会社atelier W 代表取締役 英里・リストリ
    フランスへの憧れが生み出した自分にしかできない...

    2020.07.22

  • 図2

    新作のご紹介
    NEWS

    2020.06.11

  • 休止案内

    お詫び|商品のご配送を一時的に休止いたします。
    NEWS

    2020.04.28

  • toptriming

    CANALIZE meets Michiko Nakayama|ファッションデザイナー 中山路子
    人の心を、社会を動かす、ファッションという魔法...

    2020.02.27

  • IMG_0236

    CNLZ商品新入荷のお知らせ
    NEWS

    2020.02.25

MORE

Contents

  • 24
  • 〈CANALIZE〉

ページトップへ

ページトップへ