家族を、自分を育んでくれた、伊勢志摩の魅力をより多くの人に。
CANALIZE meets Nanami Ozaki /伊勢志摩アンバサダー 尾崎ななみ

2019.04.05

負けず嫌いな性格、モデルという選択

 

小さい頃のことについて教えてください。

 

三重県伊勢市で育ちました。伊勢志摩というと、伊勢志摩市があると勘違いされることも多いのですが、伊勢市・鳥羽市・志摩市・玉城町・度会町・南伊勢町の総称になります。父は鳥羽市、母は志摩市の出身で、祖父母や親戚を訪ねたりして、鳥羽や志摩のエリアにも馴染みがあります。

ozakiphoto1

中学生の頃は陸上部で、走り高跳びや、駅伝メンバーにも入り出場していました。しかし、長距離は辛く苦しいだけで私には楽しさが分からず大嫌いでした。体育の授業のマラソンでは、毎回タイムのランキングが貼り出されるのですが、私は学年2位で。一度だけ手を抜いて走ったら当然順位が下がり、それを見た瞬間に悔しくて、一生懸命走らなかったことに後悔し、次の測定では全力で走り2位に戻りました。(1位は陸上部の長距離選手の子だったので勝てないと諦めていましたね。)

 

好きなことでは無いけれども、力を出し切らずに負けることが嫌な性格でした。そこでまたタイムを出すから駅伝メンバーにも入り、嫌なのに走るしかない。好きではなくても、自分が出来ることを他の人がやる方がもっと嫌で頑張ってしまうんでしょうね。

 

中学3年間は部活中心の生活だったので、高校では部活には所属せずに、図書館で宿題やテスト勉強をしてから帰るような日々を過ごしていました。進学は付属の大学や実家から通える名古屋の大学で探し、教師か管理栄養士を漠然と考えていたのですが、オープンキャンパスに参加した時に、ここで学んで将来やりたいことでは無いと感じました。そんな時に親友が「私は東京へ行きたいんだ」と語ってくれて、それまで三重から出ることを考えていなかったのですが、自分も東京に行きたいという気持ちを抱くようになりました。

 

モデルの道にはどのような経緯で?

 

東京へ行きたいなら何かをしなければと、東京での進学も考えましたが、当時走高跳びを初めてから身長が20cmも伸び173cmありました。その身長を活かしてモデルという選択肢が浮かび。高校3年の時期であまり悩む時間がない中、東京へ行くと決めていた親友が買ってきてくれたオーディション雑誌の中から、1日で結果が出るオーディションを見つけ、「これがダメなら大学受験に専念する」と両親に話しをして一度のチャンスに挑み、見事合格。その日のうちに事務所と契約することになりましたが、高校卒業までは今まで通り三重で過ごしたかったので、卒業後に上京し活動することになりました。

ozakiphoto2

卒業式後にすぐ東京へ向かい、次の日には原宿で撮影をしていました。モデルの仕事以外では、テレビ局でレポーターをさせていただいたりレッスンで学ぶというよりは、ひとつずつの現場で経験を積んでいきました。基本は事務所がオーディションを選び受けに行くのですが、後にも先にも自分の意志で挑戦したいと申し出たのは、『ミス東京ガールズコレクション2007』だけでした。当時はまだファッションショーを見た事もなかったのですが、特典に海外での活動があり、「初めての海外に仕事で行けたら最高!」と、すぐにマネージャーに連絡し挑戦しました。

 

ファイナリストに残り審査員特別賞をいただくことができて、特典の韓国での1ヶ月間生活をして、ウォーキングレッスンや撮影などの経験を積ませていただきました。ちなみに、出演した東京ガールズコレクションを見に母と一緒に三重から来てくれた妹は、埼玉スーパーアリーナの会場内やステージに衝撃を受けて、現在コンサートやライブイベントの照明の仕事をしています。

 

無知であることは余計なことを考えないので、強く根拠のない自信で突き進んできましたが、次第に他の人と比較をしてしまい、自信を持てなくなってしまった時期がきます。そんな時に事務所移籍のお話をいただき、今後もこの仕事を続けていくのかを初めて考え、自分自身で先が見えなかったので一度フラットな状態に戻そうと、移籍もせず所属していた事務所を辞めました。

1 2 3 4 5
Interview & Text YASUSHI FUJIO
Photo MOTOYA SAHARA
casting Hirotsugu Shibata(LDL LLC.)

Latest Posts

  • 201911 web SRD

    <CNLZ>SHOWROOM OPEN DAY のお知らせ -11/13(水),29(金)開催-
    NEWS

    2019.11.06

  • _91A1283

    CANALIZE meets Anri Maeda| ワインとおつまみの店<vanmari(ヴァンマリ)>オーナーソムリエ、シェフ 前田杏理
    好きなものを追求することで、自分と店をアップデ...

    2019.11.05

  • 1繧ュ繝」繝翫Λ繧、繧ケ繧・_91A5869 - コピー

    CANALIZE meets Yuko Kurosawa| 株式会社YUKOWEDDING CEO/ウェディングプランナー黒沢祐子
    思いを抱き、パワーを傾けることで成功を引き寄せ...

    2019.10.16

  • SHOWROOM DAY

    <CNLZ>SHOWROOM OPEN DAY のお知らせ -10/9(水),25(金)開催-
    NEWS

    2019.10.04

  • スライダー

    CANALIZE meets Yusuke Tani|モデル、俳優 、ファッションプランナー 谷裕介
    Clothes in Society ファッシ...

    2019.09.28

  • _91A4612 - コピー

    CANALIZE meets Iñigo Gutierrez|イラストレーター イニゴ グチレエス
    日本文化からのインスピレーションが生み出す、懐...

    2019.08.30

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ