美しく優しい 特別な空気を纏う本格仕立ての靴
CANALIZEWISE | premio gordo(プレミオゴルド)

2019.04.16

FFB57075-4A87-4D4C-9794-7299E330842E

代表・デザイナーの戸松朋子は、文化服装学院シューズデザイン科卒業後、セレクトショップ販売員、靴磨きなどを経て、premio gordoを立ち上げた。小学校での靴磨きの授業を主催するなど、靴磨きを通して革靴を育てること、モノに愛着をもつことを伝える活動も行う。

FAC40C2C-DF9B-4DC4-8488-4111CF34EBC0

A7AFC019-9D1A-40FD-8686-581988B06D02

 

彼女の靴への愛と、東京・浅草の熟練した職人の技により生まれる靴は、紳士靴に用いられる伝統的な製法を用いながら、細部まで行き届いた繊細な造りで、女性向けの靴ではなかなか見られないクオリティだ。

7200BE7E-8989-477F-9DB9-3CBD3081489D

 

premio gordoの靴は、RAWLIFE銀座店など6店舗で即売を行うほか、百貨店やセレクトショップなどで開催する受注会での受注生産を行っている。

 

受注会ではデザイナーが自ら店頭に立つことが多く、サイズの選び方やメンテナンスの方法についてのアドバイス、靴の内部構造などについて丁寧に説明してもらうことができる。作り手の思いを感じ、愛着の沸く靴たちに出会えることだろう。

 

 

2019年の予定(2019.4.16時点)

・4.17-23 受注会:日本橋高島屋本館3F 婦人靴売り場

・6.22-28 受注会:Sewn shoe-maker(愛知県豊橋市)

・9.14-17 名古屋松坂屋

・10月    premio gordo個展:場所未定

 

08DF1583-F8E3-4A60-BF4C-275C7488A4436CFD4A2C-28BB-4D27-9924-CF4BC1B937F7985C8733-B3A2-45C0-8F62-0E70E5A20B5F

 

<CONCEPT>

履く人、またその空間までもを美しくさせる靴

履く人を満たすことで周囲の人をも満たす、広がりを持った靴

ただの「製品」ではなく、静かで勢いのある、存在感を放つものを生み出したい。

それが在る空間はきっと美しく、優しい。

また、革靴を育てること、革底の足音を楽しむこと、

細部に宿らせたひと仕事に愛でることで、日々新たな気付きを生み出したい。

1 2
text:YURINA

Latest Posts

  • 201911 web SRD

    <CNLZ>SHOWROOM OPEN DAY のお知らせ -11/13(水),29(金)開催-
    NEWS

    2019.11.06

  • _91A1283

    CANALIZE meets Anri Maeda| ワインとおつまみの店<vanmari(ヴァンマリ)>オーナーソムリエ、シェフ 前田杏理
    好きなものを追求することで、自分と店をアップデ...

    2019.11.05

  • 1繧ュ繝」繝翫Λ繧、繧ケ繧・_91A5869 - コピー

    CANALIZE meets Yuko Kurosawa| 株式会社YUKOWEDDING CEO/ウェディングプランナー黒沢祐子
    思いを抱き、パワーを傾けることで成功を引き寄せ...

    2019.10.16

  • SHOWROOM DAY

    <CNLZ>SHOWROOM OPEN DAY のお知らせ -10/9(水),25(金)開催-
    NEWS

    2019.10.04

  • スライダー

    CANALIZE meets Yusuke Tani|モデル、俳優 、ファッションプランナー 谷裕介
    Clothes in Society ファッシ...

    2019.09.28

  • _91A4612 - コピー

    CANALIZE meets Iñigo Gutierrez|イラストレーター イニゴ グチレエス
    日本文化からのインスピレーションが生み出す、懐...

    2019.08.30

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ