作家との対話が、なにかしらの未来に繋がる
CANALIZEWISE | pragmata gallery

2017.06.05

pragmata_20170421_8

『プラグマタ ギャラリー』は八丁堀の趣あるビルの3Fにある。まるで映画の中に登場する探偵事務所が門を構えていそうな雰囲気だ。pragmataは、ギリシャ語で「もの」という意味。ギャラリーでは器をメインに、オーナーの琴線に響いたアート作品のみを扱っている。静謐とした空間で、作家選び、展示、DM作成までを自身で手がけるオーナー、ペトロスさんのこだわりとは何か。

作家との対話が、なにかしらの未来に繋がる

1

1 2 3
Photo_MURAKEN

Text_Kumiko Ishizuka

Latest Posts

  • ①DSC08995

    CANALIZE meets Eri Ristori|ADER.bijouxデザイナー・株式会社atelier W 代表取締役 英里・リストリ
    フランスへの憧れが生み出した自分にしかできない...

    2020.07.22

  • 図2

    新作のご紹介
    NEWS

    2020.06.11

  • 休止案内

    お詫び|商品のご配送を一時的に休止いたします。
    NEWS

    2020.04.28

  • toptriming

    CANALIZE meets Michiko Nakayama|ファッションデザイナー 中山路子
    人の心を、社会を動かす、ファッションという魔法...

    2020.02.27

  • IMG_0236

    CNLZ商品新入荷のお知らせ
    NEWS

    2020.02.25

  • 図3

    <CNLZ>SHOWROOM OPEN DAY のお知らせ -2/26(水)開催-
    NEWS

    2020.02.14

MORE

Contents

  • 24
  • 〈CANALIZE〉

ページトップへ

ページトップへ