作家との対話が、なにかしらの未来に繋がる
CANALIZEWISE | pragmata gallery

2017.06.05

pragmata_20170421_3

ギャラリーの運営もあるため、なかなか遠出は難しいものの、ペトロスさんは東京近郊のギャラリーを巡っては気になる作家をピックアップしている。ここ数年は、秋に長野県の松本で行われるクラフトフェアにも足を運んでいるそう。

船越保氏も、ギャラリーを巡っていた際に作品を見かけたことをきっかけに展示を行ったひとり。とくにこの炭化焼成の黒い焼き物のシリーズがペトロスさんの心を掴み、『プラグマタ ギャラリー』での個展開催に至った。

pragmata_20170421_2

「新しいことをアピールしたがる人は多いけれど、新しさや、見たことがない、というものより、作品そのものに自分の力がちゃんとのっていて、メッセージがあるものがいい。それが私にとって面白いもので、好みに合う楽しい作品です」(ペトロスさん)

pragmata_20170421_4

作家と作品を熱心に見つめぬいた展示スタイルに惹かれ、若い作家が自ら作品を見せにくることもあるという。現在ギャラリーが繋がっている35人ほどの作家のうち、3~4人は持ち込みがきっかけで展示が実現した。

pragmata_20170421_5

「このギャラリーは、私がどうしてこの作家を好きか、それを説明する場。私が好きなものを、訪れる人も同じように好きだったらいいな、と思います。それが私のスタイル。そして誰もが、ものを買ったら今度はそれを家に持ち帰って自分のスタイルに取り入れる。そういうスペースでありたいし、これからもそうしていきたいです」(ペトロスさん)

作家の作品を目当てに訪れた人は、「今まで見てきた作品と、同じじゃないように見える」と驚かれることもあるそう。

“そもそも、人が深く考えてつくっているものが好き”というペトロスさんの作品に対する洞察、そこから新しい面を引き出して表現される展示。そんなギャラリストとの出会いは“モノ”にとって最高の幸福であり、モノ冥利に尽きるのではないだろうか。

Fin.

 

※画像内の器はすべて、過去(2017年4/14〜4/23)に開催した船越保 個展『Thermal Black』の展示作品です。

SHOP DATA

東京都中央区八丁堀2丁目3−3−3F

03-3297-6011

営業時間 12:00〜19:00

定休日 月曜日

http://www.pragmata-gallery.com/

1 2 3
Photo_MURAKEN

Text_Kumiko Ishizuka

Latest Posts

  • 角TOP

    【Mai Kurosaka×CNLZ】初コラボレーションアイテム 先行予約会をスタート
    NEWS

    2019.04.20

  • フジイ

    CANALIZEWIZE|Photographer フジイサワコ 写真展<Bighugs>を開催
    CANALIZE Web Galleryに次回...

    2019.04.19

  • SARA先行

    【SARA YOSHIDA×CNLZ 2nd Season】19AWの先行予約会スタート
    NEWS

    2019.04.18

  • E355242F-8108-4567-885D-AF45E73A21A6

    CANALIZEWISE | premio gordo(プレミオゴルド)
    美しく優しい 特別な空気を纏う本格仕立ての靴

    2019.04.16

  • ozakiphototopweb2

    CANALIZE meets Nanami Ozaki /伊勢志摩アンバサダー 尾崎ななみ
    家族を、自分を育んでくれた、伊勢志摩の魅力をよ...

    2019.04.05

  • masako

    MASAKO.Y「VSOP by MASAKO.Y」新作を公開
    Web Gallery

    2019.04.03

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ