“モノ”だけでなく“コト”にも、五感で触れて楽しんでもらいたい
CANALIZE meets Yohei Kakimoto | BLOOM&BRANCH

2017.07.01

kakimoto-san_20170512_2

うつわをメインとする生活雑貨、スペシャリティコーヒー、シューケア……既存のショップとは異なるアプローチで、セレクトショップの新たなカタチを提示してきた「BLOOM&BRANCH」。オープンから3年と少しが経ったいま、そのスタイルを模倣するフォロワーが現れている中、パイオニアがいまなお輝きを放つ理由はどこにあるのか。若きディレクター、柿本陽平氏の話からその存在に迫る。

『 “モノ”だけでなく“コト”にも、五感で触れて楽しんでもらいたい

1

 

1 2 3 4 5 6
Photo_MURAKEN
Text_Yusuke Matsuyama

Latest Posts

  • DSC_3007s3t②

    CANALIZE meets Akio Mitobe|HBNS(ハバノス)
    数多くの出会い、きっかけに導かれた、幸運な現在...

    2018.10.05

  • DSC_3651s1f2

    CANALIZE meets MONONKUL
    ものんくる~角田隆太と吉田沙良が想像するREL...

    2018.09.25

  • ■magazine icon

    NEWS
    Soon...

    2018.09.08

  • 7テ・_20180109_5

    CANALIZEWISE | 7×7
    ジャンルにとらわれない独自のセレクト目線

    2018.01.10

  • amvai_20171223_5

    CANALIZE meets Amvai
    コアなまま、いつまでも劣化しない情報を

    2017.12.24

  • lightyears_20170607_3

    CANALIZEWISE|LIGHT YEARS
    海を越えて集まってくるぬくもりを携えた雑貨たち

    2017.12.18

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ