“モノ”だけでなく“コト”にも、五感で触れて楽しんでもらいたい
CANALIZE meets Yohei Kakimoto | BLOOM&BRANCH

2017.07.01

kakimoto-san_20170512_2

うつわをメインとする生活雑貨、スペシャリティコーヒー、シューケア……既存のショップとは異なるアプローチで、セレクトショップの新たなカタチを提示してきた「BLOOM&BRANCH」。オープンから3年と少しが経ったいま、そのスタイルを模倣するフォロワーが現れている中、パイオニアがいまなお輝きを放つ理由はどこにあるのか。若きディレクター、柿本陽平氏の話からその存在に迫る。

『 “モノ”だけでなく“コト”にも、五感で触れて楽しんでもらいたい

1

 

1 2 3 4 5 6
Photo_MURAKEN
Text_Yusuke Matsuyama

Latest Posts

  • webtop

    【ニュースリリース】CANALIZE 2019年の計画を発表
    デザインチームに、Mannequins JAP...

    2019.02.03

  • DSC_5209st

    CANALIZE meets Mai Kurosaka 画家 黒坂麻衣
    心に浮かぶ感情を、ひとつひとつの作品に込めて。

    2019.01.11

  • いのしし2

    Happy New Year

    2019.01.01

  • IMG_2977s64g

    CANALIZE meets Takeshi & Mai | 家具デザイナー 宮川 剛 楽膳家 塩山 舞
    食とモノ作りが広げる、ニューヨークの新たな絆

    2018.12.05

  • 無題

    CANALIZE 創業祭のご案内
    3rd Anniversary 2018.12...

    2018.12.05

  • IMG_2840sf2

    CANALIZE meets Mai Shioyama| 楽膳家 塩山舞
    料理、旅、そして生まれた様々な出逢い。

    2018.11.25

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ