ドイツ国内の職人と共に守る伝統とクオリティ
CANALIZE meets A KIND OF GUISE

2017.07.10

A Kind of Guise - CANALIZE © Camille Blake-11

――もともとミュンヘンにショップがあって、一昨年ベルリンにもオープンされたということですが、これからもっとお店を増やしていく予定はあるんですか?

「どんどん大きくしてしまうと元々のコンセプトから外れてしまうので、今のところは現状に満足しています。私たちは常にオープンなので、外部からここにお店を出しませんか? という打診があって、それが納得できるものであれば受け入れる可能性はありますが、自ら拡大していくという計画はありません。コラボレーションにはオープンで、たとえば『モノクル』という雑誌とコラボでスーツを作って、モノクルのチャネルでも販売するということもやっています。知名度という意味では、違うチャネルから広がっていくことがありますよね。でも、生産や規模自体を大きくしていくという考えはないです。自分たちが管理できる範囲でやっていきたいという気持ちのほうが強いですから」

――コラボレーションと言えば、ドイツのブランドであるアディダスやシュタイフとのコラボが印象的でした。

「特にシュタイフは継続的にコラボレーションを行っています。ドイツの伝統的なぬいぐるみで、『A KIND OF GUISE』のお客さんもすごく好きなので、シュタイフがいるとすごく喜んでくれるんですよ。相思相愛というか、とても魅力的なコレボレーションだと思っているので、これは今後も続けていきたいですね」

A Kind of Guise - CANALIZE © Camille Blake-5

――今後、ブランドはどのように進んでいくと思いますか?

「将来がどうなっていくのかを予想することはまったくできませんが、自分たちが望む方向はあります。たとえば、ミュンヘンのお店は大通りの真ん中にあるわけではなくて、わざわざ行かないとわからないような場所にあるんですけど、このブランドが好きでいてくれる人は世界中にいるので、そういう人がわざわざ足を運んでくれる場所になっていったらいいですよね。実際に遠くから足を運んでくれる人もいますし、しょっちゅう来ては一時間くらい居座るお客さんもいて、そういう人たちは本当に私たちの商品をもっと知りたいっていう人たちなんです。ファンでいてくれる人たちとのコミュニケーションはすごく重要だと思っています」

1 2 3 4 5 6
Photo_Camille Blake
Translation_Yuko Asanuma
Text_Aya Fujiwara

Latest Posts

  • 2020創業祭

    <CANALIZE>2020.12.8 創業4周年にあたり
    御礼&創業記念祭のお知らせ

    2020.12.08

  • ①DSC08995

    CANALIZE meets Eri Ristori|ADER.bijouxデザイナー・株式会社atelier W 代表取締役 英里・リストリ
    フランスへの憧れが生み出した自分にしかできない...

    2020.07.22

  • 図2

    新作のご紹介
    NEWS

    2020.06.11

  • 休止案内

    お詫び|商品のご配送を一時的に休止いたします。
    NEWS

    2020.04.28

  • toptriming

    CANALIZE meets Michiko Nakayama|ファッションデザイナー 中山路子
    人の心を、社会を動かす、ファッションという魔法...

    2020.02.27

  • IMG_0236

    CNLZ商品新入荷のお知らせ
    NEWS

    2020.02.25

MORE

Contents

  • 24
  • 〈CANALIZE〉

ページトップへ

ページトップへ