これからの時代において、本当に満足できる洋服とは?
CANALIZE meets TAISHI NOBUKUNI

2017.08.12

taishi-nobukuni_20170603_4

デザイナーとして確固たる地位を築きながら、ビスポークテーラーへとその身を転じた信國大志氏。自らのサロンを構え、いまなおテーラリングを学び続ける氏に、世界でもあまり例のない転身を図った理由、また、やや謎も多いテーラーという職について訊いた。洞察に富んだこれらの言葉は、現代のファッションシーンの問題を浮き彫りにし、我々が選ぶべきこれからの洋服について考えるきっかけとなるはずだ。

これからの時代において、本当に満足できる洋服とは?

1

 

 

1 2 3 4 5
Photo_MURAKEN
Text_YUSUKE MATSUYAMA

Latest Posts

  • ■magazine icon

    NEWS
    Soon...

    2018.09.08

  • 名称未設定-6

    Information
    お客様へお知らせ

    2018.04.28

  • 7テ・_20180109_5

    CANALIZEWISE | 7×7
    ジャンルにとらわれない独自のセレクト目線

    2018.01.10

  • amvai_20171223_5

    CANALIZE meets Amvai
    コアなまま、いつまでも劣化しない情報を

    2017.12.24

  • lightyears_20170607_3

    CANALIZEWISE|LIGHT YEARS
    海を越えて集まってくるぬくもりを携えた雑貨たち

    2017.12.18

  • wislom_20170822_2

    CANALIZE meets HIROSHI TOHNAI|WISLOM
    素材をアイデンティティに進化していくブランド、...

    2017.12.11

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ