これからの時代において、本当に満足できる洋服とは?
CANALIZE meets TAISHI NOBUKUNI

2017.08.12

taishi-nobukuni_20170603_4

デザイナーとして確固たる地位を築きながら、ビスポークテーラーへとその身を転じた信國大志氏。自らのサロンを構え、いまなおテーラリングを学び続ける氏に、世界でもあまり例のない転身を図った理由、また、やや謎も多いテーラーという職について訊いた。洞察に富んだこれらの言葉は、現代のファッションシーンの問題を浮き彫りにし、我々が選ぶべきこれからの洋服について考えるきっかけとなるはずだ。

これからの時代において、本当に満足できる洋服とは?

1

 

 

1 2 3 4 5
Photo_MURAKEN
Text_YUSUKE MATSUYAMA

Latest Posts

  • webtop

    【ニュースリリース】CANALIZE 2019年の計画を発表
    デザインチームに、Mannequins JAP...

    2019.02.03

  • DSC_5209st

    CANALIZE meets Mai Kurosaka 画家 黒坂麻衣
    心に浮かぶ感情を、ひとつひとつの作品に込めて。

    2019.01.11

  • いのしし2

    Happy New Year

    2019.01.01

  • IMG_2977s64g

    CANALIZE meets Takeshi & Mai | 家具デザイナー 宮川 剛 楽膳家 塩山 舞
    食とモノ作りが広げる、ニューヨークの新たな絆

    2018.12.05

  • 無題

    CANALIZE 創業祭のご案内
    3rd Anniversary 2018.12...

    2018.12.05

  • IMG_2840sf2

    CANALIZE meets Mai Shioyama| 楽膳家 塩山舞
    料理、旅、そして生まれた様々な出逢い。

    2018.11.25

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ