素材をアイデンティティに進化していくブランド、WISLOM
CANALIZE meets HIROSHI TOHNAI|WISLOM

2017.12.11

wislom_20170822_4

──初のオウンレーベルとなったWISLOMですが、どのようなアイテムを展開されているんですか?

「ネームのタグにも「オーバーガーメンツ」とカッコ書きで記しているんですけど、アウターを中心としたブランドという立ち位置でスタートしました。アウターってとても重要なアイテムなのに、正直僕が着たいと思えるものがあまりなくて、それなら自分で作ってみようと思って。ドレッシーなウールのコートやカジュアルなダウンジャケットはあっても、ダウン素材を使ってキレイめに仕上げたアウターとか、ちょうど狭間の商品ってそんなにないんですよね。極寒の地でも使えるダウンは、本当に東京で着るものなのか?とも思いましたし。欲しいのは、”都市生活の中で必要なアウター”。ありそうでないものを表現したかったんです」

──確かに、都市生活のみにフォーカスしたアウターはあまり目にしませんね。

「たとえば17AWにリリースしたウールのチェスターコートなんかも、キレイめに見せつつも一部にはドレスアイテムでは採用しないカッティングで動きやすくしていたりと、僕の中では独創的な試みを施しました。あとはポリエステル素材なのに、ウールにしか見えないジャケットも、天然素材のような質感なのに、ストレッチ性が高いんです」

──今のシーンでは、こうした着心地の良さは重要なキーワードです。

「スポーツブランドがアパレルに進出してきているなかで、そこと同等の機能性を目指すことはしていませんが、洋服屋という一線を越えない範疇で、リラックス感のある着心地やスタイルも重要視しています」

――そのあたりは、今、服を選ぶ基準のひとつになっていると思います。

「ちなみに僕は40歳なのですが、20代のときみたいに徹夜続きだとフラフラしちゃって、そんなときに着心地の良いウエアって身体にやさしいんだなって、すごく感じるんです。そういうやさしさがありながら、しっかりエッジを効かせたデザインのアイテムを作っていきたくて」

wislom_20170822_1

――ブランドのアイコン的アイテムのようなものはあるんですか?

「何か、ブランドの代表的なアイテムを作ろうという考えはありません。ただ素材へのこだわりは、ブランドのアイデンティティとして大切にしていますし、そう認知されていけばいいなと思っています」

──アトリエをラボと呼んでいるほど、素材開発に余念がないと聞きました。

「一番こだわってるところですね。ファッションブランドとしての軸足は据えたまま、スポーツだとかアウトドアの機能というようなものを取り込んで、どんどん進化していくブランドというイメージを持っています」

1 2 3 4 5
Photo_MURAKEN
Text_HIROYUKI YOKOYAMA

Latest Posts

  • DSC_5209st

    CANALIZE meets Mai Kurosaka 画家 黒坂麻衣
    心に浮かぶ感情を、ひとつひとつの作品に込めて。

    2019.01.11

  • いのしし2

    Happy New Year

    2019.01.01

  • クリスマス

    クリスマスセール開催中
    12/22-25限定 フラッシュセール。雑貨ア...

    2018.12.22

  • 図22

    冬季休業のお知らせ

    2018.12.21

  • IMG_2977s64g

    CANALIZE meets Takeshi & Mai | 家具デザイナー 宮川 剛 楽膳家 塩山 舞
    食とモノ作りが広げる、ニューヨークの新たな絆

    2018.12.05

  • 無題

    CANALIZE 創業祭のご案内
    3rd Anniversary 2018.12...

    2018.12.05

MORE

Contents

ページトップへ

ページトップへ