素材をアイデンティティに進化していくブランド、WISLOM
CANALIZE meets HIROSHI TOHNAI|WISLOM

2017.12.11

──面白いアイデアですね。所作は美しく見えて、かつ気楽に着こなせる。

「T シャツとかも、やはり素材からこだわっていて。例えば、アメリカ製のT シャツは厚手でゴツく、素材の良さを強調したいがために、編み目をゆるくしていて……最近では国内のブランドでも多いですよね。だから、僕らは糸から探して、しっかりとした編地のT シャツを作りました。染色性もいいし、ニットで多用されるカッティングを使用して身体に馴染むようにもしています」

──いろいろな技術が活用されているんですね。

「WISLOMをラボ的なブランドと捉えているのは、僕がこれまで各所で培ってきたものを実験的に形にする場だということもありますし、生地職人からマーケティング担当まで、関係者全員がチーム一丸となって関わっているからでもあります。僕にとってひとつの節目であり、ある種の集大成。とにかく、いろいろ試していきたいんですよ」

wislom_20170822_5

──これまでに培われてきた思いが凝縮されているのだと思いますが、今現在のファッションについては、どう感じていますか?

「世の中がどうだとか、僕はあまり言いたくないほうなんですけど、やはり今の時代の“いいモノ”は何か?は常に思索しています。で、僕なりの“いいモノ”というと、他人に紹介したくなるもの。素材がすばらしくて着心地がよいものは、人に伝えたくなるんですよね。

──ファストファッションなど、視覚情報に偏った“いいモノ”がもてはやされている時代でもあります。

「ファストファッションには、手軽に今のファッションを楽しめる、気分が高揚するモノを安く買えるという利点があるのだと思いますし、それを一番と捉えるかどうかは、価値観の差だと思いますね。ファッション業界における各カテゴリーが成熟してきたのかなぁと感じます」

1 2 3 4 5
Photo_MURAKEN
Text_HIROYUKI YOKOYAMA

Latest Posts

  • 2020創業祭

    <CANALIZE>2020.12.8 創業4周年にあたり
    御礼&創業記念祭のお知らせ

    2020.12.08

  • ①DSC08995

    CANALIZE meets Eri Ristori|ADER.bijouxデザイナー・株式会社atelier W 代表取締役 英里・リストリ
    フランスへの憧れが生み出した自分にしかできない...

    2020.07.22

  • 図2

    新作のご紹介
    NEWS

    2020.06.11

  • 休止案内

    お詫び|商品のご配送を一時的に休止いたします。
    NEWS

    2020.04.28

  • toptriming

    CANALIZE meets Michiko Nakayama|ファッションデザイナー 中山路子
    人の心を、社会を動かす、ファッションという魔法...

    2020.02.27

  • IMG_0236

    CNLZ商品新入荷のお知らせ
    NEWS

    2020.02.25

MORE

Contents

  • 24
  • 〈CANALIZE〉

ページトップへ

ページトップへ